失った歯を取り戻すインプラント治療

Nonno Dent & Ortho Clinic

  • 青葉台にある歯医者ならのんの歯科・矯正クリニックHOME
  • 医院アクセス
  • 医院案内
  • スタッフ紹介
  • コンセプト

歯を失ってしまった方へ

歯を失ったあなたには、こんな治療があります

事故、虫歯、歯周病などによって歯を失ってしまった場合、一般的には入れ歯やブリッジを入れる治療を行いますが、選択肢はそれだけではありません。失った歯と同様の噛み心地がよみがえる、「インプラント治療」という選択肢があります。

インプラント治療って?

インプラント治療って?の画像

歯を失った部分の顎の骨にチタン製の人工歯根(インプラント)を埋め込んで、その上から人工歯を取り付ける治療法です。チタン製の人工歯根は骨と結合して固定されるため、入れ歯やブリッジのようにズレることはありません。歯を失った場合の、現代における「最良の治療法」だと言えるでしょう。

歯を失った際の治療を比較

歯を失った場合に行う治療法、「インプラント治療」「ブリッジ」「入れ歯」を比較してご紹介します。当クリニックでは、あなたに最適な治療法を一緒に考えていきます。

インプラント治療

インプラント治療

入れ歯

入れ歯

ブリッジ

ブリッジ

メリット ・見た目が良い
・天然歯と同じくらいしっかり噛める
・残った歯にダメージがない
・保険が適用できるため安い
・治療期間が短い
・保険が適用できるため安い
・入れ歯よりも見た目が良い
デメリット ・自費診療になる
・治療期間が長い
・残った歯にダメージがある
・見た目が良くない
・耐久性が低い
・残った歯にダメージがある
・装置に汚れが付きやすい

失った歯の本数による治療の比較

従来、歯を失った本数によって異なる治療法が選択されていました。しかし、インプラント治療は失った本数に関係なく、快適な口腔内を得ることができます。

失った本数 従来の治療法 インプラント
1本

1本

抜けた歯の両側の歯を削ってブリッジ装着
(残った歯にダメージあり)
歯を失った部分の顎の骨に人工歯根を埋入し、人工歯装着
(残った歯にダメージなし)
数本

数本

部分入れ歯かブリッジを周りの歯に固定して装着
(残った歯にダメージあり)
数ヶ所に人工歯根を埋入し、それを支えにしてブリッジ装着
(残った歯にダメージなし)
すべて

すべて

総入れ歯装着
(顎の骨が痩せる)
必要最低限の人工歯根を埋入し、固定式の人工歯装着
(しっかり噛め、顎の骨が痩せない)

術後のメインテナンスが重要です

インプラント治療を行った際にもっとも大切なのは、人工歯を取り付けてからの丁寧なメインテナンスです。人工歯は虫歯にはなりませんが、適切なケアができていなければインプラントの歯周病「インプラント周囲炎」になってしまいます。

どんなケアが必要?

どんなケアが必要の画像

インプラント周囲炎になってしまうと、せっかくのインプラントもぐらついて、最終的には抜け落ちてしまいます。同じことを繰り返さないためにもメインテナンスが重要なのです。

インプラント周囲炎を防ぐために必要なケアは、歯科医院での定期検診と、自宅で行う日々のケアです。あなたの歯を守るのはあなた自身。せっかく手に入れた「第2の永久歯」をいつまでも大切に使いましょう。

お気軽にご相談ください

入れ歯やブリッジに違和感がある方、もっとしっかり噛める歯が欲しい方、自然な見た目を取り戻したい方。インプラント治療は、それらの希望を叶えることができる「最良の治療法」です。

インプラントにご興味を持たれた方は、青葉台の「のんの歯科・矯正クリニック」まで、お気軽にお問い合わせください。

神奈川県横浜市|診療予約|のんの歯科・矯正クリニック

  • PAGE TOP